シェルツーリストのサービス

グローバルレベルの海外出張管理の重要性が高まってきている中、シェルツーリストはその出張支出の削減、業務渡航管理を効率化し、BTM(Business Travel Management)として、サポートさせていただきます。
専任スタッフが契約の企業様の特性を把握し、航空券手配、ビザ代行、ホテル予約などを代行いたします。
また、訪日観光事業については、観光立国を成し遂げた元気な日本を海外の皆様にお届けします!

シェルツーリストのサービスをもっと見る

【シェルツーリストの海外帰国支援サービス】

● 目次 / CONTENTS ●
1.現在の日本の入国制限について知ろう
2.空港からの交通手段について

...........................................................................................................................................................................................
現在の日本の入国制限について                                
...........................................................................................................................................................................................
新型コロナウイルス感染症の影響で、現在日本では緊急事態宣言が発出されており、海外から日本へご帰国・来日される 全ての人を対象に入国制限や、追加書類の提出の強化が一時的に徹底されております。

日本厚生労働省により、まず海外から日本へ入国するすべての方は国籍を問わず、
検疫所へ「出国前72時間以内の検査証明書」、所定のフォーマットの提出が必要です。

また、検疫所長が指定する場所(自宅など)で入国(検体採取日)の次の日から起算して
14 日間待機する滞在場所を確保することが必須となります。

加えて国籍を問わず、検疫所へ「誓約書」の提出が必要です。
14日間の公共交通機関の不使用、自宅等での待機、位置情報の保存、接触確認アプリの導入等について
誓約いただくことになりますが、「検査証明書」または「誓約書」が提出できない場合、
検疫所が確保する宿泊施設等で待機していただきます。

また、誓約に違反した場合は、(1)日本人については、氏名や、感染拡大防止に資する情報が公開され得ること、
(2)在留資格保持者については、氏名・国籍や感染拡大防止に資する情報が公開され得ること、
また、在留資格取消手続及び退去強制手続等の対象となり得ることがあります。

...........................................................................................................................................................................................
空港からの交通手段について                                 
...........................................................................................................................................................................................
上記の入国制限に伴い、到着する空港等から
その滞在場所まで公共通機関を使用せずに移動する手段を確保しなければなりません。
また、入国後に待機する滞在場所と、空港から移動する手段を検疫所に登録することが必須となります。

空港からご自宅へ帰るには大きく分けて3つの手段がございます。
①ご家族やご友人に自家用車で迎えに来てもらう    
②レンタカーを借りて自走で帰る             →弊社での予約はこちら

レンタカーのメリット/デメリット
レンタカーの最大のメリットは14日間のホテル待機料金やハイヤーに比べると
『コストを下げられる』ということが一番のメリットです。
また、自分のペース(時間配分)で帰れることも良いことと思います。
しかしながら、長時間のフライト・検疫を終えた後の運転で更に体力を使うこと、
慣れない車を運転することからトラブルを起こすリスクが高くなる場合があります。

③ハイヤーを手配する                 →弊社での予約はこちら                


ハイヤーのメリット/デメリット
ハイヤーの最大のメリットは『楽』であるということです。
空港から外へ出れば目の前にお迎えがあり、最後は自宅まで送ってくれます。
また、運転手がいるので体力の消耗は少なく、ゆっくり帰ることができます。
デメリットはレンタカーに比べるとコストが上がってしまうことです。

弊社では②レンタカーのご予約手配、③ハイヤー手配を格安でご案内可能です。

御見積やご相談などお気軽にお問合せください。